Home調査研究IEA・国際共同研究先進燃料研究開発実施協定

自動車用先進燃料研究開発実施協定(AMF)

発足の経緯と目的

 本協定は、1984年5月に米国、カナダ、スウェーデン及びニュージーランドの4カ国が自動車燃料としてのアルコールの共同研究を実施するため「自動車燃料としてのアルコール及び混合アルコールに関する研究開発及びデモンストレーション計画の実施協定」を締結し、開始されたものである。
その後、1989年11月のローマにおける第11回執行委員会において、名称が「自動車用代替燃料研究開発実施協定」と変更され、さらに、研究対象の幅を広げるべく、1998年10月の東京で行われた執行委員会で「自動車用先進燃料研究開発実施協定」(Implementing Agreement for a Programme of Research, Development and Demonstration on Advanced Motor Fuels)(以下、"IEA AMF"という。)への名称変更が行われ、現在に至っている。
本協定の目的は、自動車用先進燃料に関する国際協力の実施により、その技術開発の促進及び各国における開発の重複を避け効果的な研究開発を実施することにある。

IEA AMF の参加国

2009年6月現在の参加国は、オーストラリア、オーストリア、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、日本、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、英国及び米国の15カ国である。
日本からは、一般財団法人環境優良車普及機構 (LEVO:Organization for the Promotion of Low Emission Vehicles)及び新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO:New Energy and Industrial Technology Development Organization)の2機関が政府指定機関として参加している。

活動中のアネックス

2009年6月現在、以下の8つのアネックスが活動中である。

  • アネックス28:情報提供及びAMFウェブサイト
  • アネックス33:二輪車から排出されるナノ粒子
  • アネックス34:バイオディーゼルオプションの分析
  • アネックス35:自動車用燃料としてのエタノール
  • アネックス36:エタノールの排出ガス計測技術
  • アネックス37:バス用燃料及び代替技術
  • アネックス38:バイオディーゼル自動車の環境影響調査
  • アネックス39:重量車用メタンエンジンの排出ガスの改善

当機構は、アネックス28、アネックス34、アネックス35、アネックス37及びアネックス38に参加している。
アネックス38は、2009年5月にヘルシンキで開催された第37回執行委員会で独立行政法人交通安全環境研究所及び運輸低公害車普及機構が提案し、採択された日本からの提案による共同研究である。

国際エネルギー機関のリンク

IEA ウェブサイト "Technology Agreements (Implementing Agreements)"
(http://www.iea.org/Textbase/techno/index.asp)

IEA AMFウェブサイト
(http://www.iea-amf.vtt.fi/)

ページトップへ

一般財団法人 環境優良車普及機構 〒160-0004 東京都新宿区四谷2丁目14-8 TEL:03-3359-8461(代表) FAX:03-3353-5439
Copyrightc 2012 Organization for the promotion of low emission vehicles. All Rights Reserved.