IEAの組織

IEAの組織体制

国際エネルギー機関(IEA)は、経済協力開発機構(OECD)内に設立された外局機関で、パリに本部が置かれています。
IEAの最高意思決定機関として理事会(Governing Board)があり、メンバーは、すべての参加国から出されています。
この理事会の下に、5つの常設作業部会・委員会が設置されており、各々の部会は理事会に対して報告義務を負っています。

  • 緊急時問題常設作業部会 (SEQ:Standing Group on Emergency Questions)
  • 石油市場問題常設作業部会 (SOM:Standing Group on Oil Market)
  • 長期協力問題常設作業部会 (SLT:Standing Group on Long-Term Co-operation)
  • エネルギー研究技術委員会 (CERT:Committee on Energy Research and Technology)
  • 地球規模エネルギー対話常設作業部会 (SGD:Standing Group for Global Energy Dialogue)

  • IEA常設作業部会・委員会機構図

    IEAの事業活動の主要目的

    IEAに対し助言、提言を行う諮問機関として、民間有識者からなる石油産業諮問委員会(IAB:Industry Advisory Board)及び石炭産業諮問委員会(CIAB:Coal Industry Advisory Board)が設置されています。
    IEA常設作業部会・委員会のひとつであるエネルギー研究技術委員会(CERT)は石油依存度を低減するための省エネ技術、代替エネルギーの研究開発促進等を主な活動とし、以下の4つを目的としています。

    • エネルギー効率と技術信頼性の確立
    • エネルギー技術性能の最新評価へのアクセス拡大
    • エネルギーセクター由来の環境インパクトの低減
    • 非加盟国との協力
    実施協定の運営方針

    エネルギー研究技術委員会(CERT)の下部組織として、化石燃料作業部会(WP:Working Party)、再生可能エネルギーWP、エネルギー最終用途WP、及び核融合研究委員会の4つの作業部会・委員会が設けられています。これらの組織は、国際的共同プロジェクトである実施協定(Implementing Agreement)の審議、評価、承認等を行っています。
    2008年10月現在で40を超える実施協定(Implementing Agreement)は、以下に示す考え方を基本として運営されている。

    • プロジェクトについて、関心のある国のみが集まって進めることができる。
    • 個々のプロジェクトの内容については、参加国間で協議され協定を締結する。
    • プロジェクトの実施運営に必要な経費は、参加国間において分担される。
    国際エネルギー機関のリンク

    IEAウェブサイト 常設作業部会・委員会 "Standing Groups and Committees"
    (http://www.iea.org/about/stancom.htm)


    ページトップへ

一般財団法人 環境優良車普及機構 〒160-0004 東京都新宿区四谷2丁目14-8 TEL:03-3359-8461(代表) FAX:03-3353-5439
Copyrightc 2012 Organization for the promotion of low emission vehicles. All Rights Reserved.