Home調査研究IEA・国際共同研究LEVOの活動について

LEVOのIEA/AMFにおける活動について

当機構は、事業用の低公害トラックの普及を図るため、トラック事業者が行う国や地方公共団体等に対するIEAの幅広い活動のひとつとして、自動車用代替燃料(天然ガス、水素、バイオ燃料等)の技術に関する研究・関発を行う「自動車用先進燃料研究開発 実施協定(以下AMF協定)」があります。
LEVOは日本政府の指定機関として1996年にこの協定に参加以来、日本の低公害車の普及促進状況を発表するなど積極的な国際貢献に努めると共に、国際共同研究に参加し、各国の低公害車の技術動向調査や情報収集等を行っています。
ここでは、LEVOが行っている具体的な活動の一端を紹介します。

活動概要

LEVOが参加しているAMF協定の主な活動は、
 各国持ち回りで開催される執行委員会で活動の方向性や研究テーマなどを検討
 国際共同研究の実施
 自動車用代替燃料(天然ガス、水素、バイオ燃料等)、各国の低公害車の動向等に関する情報交換
です。

(1)執行委員会活動
sample

 執行委員会活動の一例として、2009年11月に、タイで開催された第38回執行委員会を紹介します。

開催日:2009年11月17日(火)〜20日(金)
開催場所:タイ バンコク
出席:日本(LEVO、NEDO)、オーストラリア、オーストリー、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド(議長)、フランス、スペイン、スウェーデン、タイ、米国(計12カ国)
事務局:スウェーデン
オブザーバー:タイ・エネルギー省、タイ自動車工業会、アジア天然ガス自動車協会、ドイツなど
 タイは、2008年にこの協定に加盟したため、今回は同国での初めての執行委員会開催となりました。
 この執行委員会では、バイオディーゼル燃料自動車の排出ガス毒性に関する研究、燃料のCO2に関するライフサイクルアセスメント研究の必要性等が議論されました。
 通常、執行委員会では新規の国際共同研究に関する提案、議論のほか、執行委員会開催国がホストになり、自動車用代替燃料の動向等の話題提供並びに関連施設の技術見学等が行われます。今回の執行委員会では、タイの天然ガス自動車、バイオ燃料に関する話題提供、バイオ燃料製造設備、研究施設見学等が行われました。


ページトップへ
(2)国際共同研究の実施

 具体的な国際共同研究は、AMF協定の活動を検討するための「執行委員会」の下に設置される「アネックス」(Annex:付属物の意)で行われます。アネックスには、それぞれ発足の順に番号が付与されます。アネックスの活動は、執行委員会で発足が承認され、そのプロジェクトに関心のある2カ国以上が参加し、参加国は研究費用を分担します。アネックスの運営は1カ国を「運営機関」(OA:Operating Agent)とし、ここが責任を持ってプロジェクトを進めていくことになっています。
これまでLEVOは、1996年の参加以来多くの国際共同研究に参加しました。
参加した共同研究の概要を示します。

No提案国期 間
年-
参加
国数
プロジェクト名備 考
13フィンランド
米国
97-997バイオディーゼル燃料の排出ガス特性終了
14オランダ97-007ディーゼルエンジン用燃料としてのDMEの
フィージビリティ研究
終了
15オランダ98-995代替燃料普及のバリア終了
17ベルギー98-007重量車用の新技術の路上での実影響終了
18米 国97-027将来のグリーンディーゼル燃料終了
20オランダ00-027自動車用燃料としてのDME−U終了
21オランダ00-024代替燃料自動車市場普及戦略終了
22フィンランド00-036代替燃料自動車の低温時の微粒子終了
26フィンランド02-054世界で進行中のディーゼル用アルコール
エステル燃料の実状評価
終了
27フィンランド02-035自動車用代替燃料の標準化動向終了
28 フィンランド04- 11代替燃料情報サービス及びウェブサイト運営実施中
34 米 国 09-105バイオマス由来のディーゼル燃料調査実施中
35 デンマーク 07-0911自動車用燃料としてのエタノール実施中
37 フィンランド08-106バスの代替燃料及び技術調査実施中
38 日 本 09-115バイオディーゼル自動車の環境影響実施中
39 スウェーデン09-113重量車用メタンエンジンの排出ガスの改善実施中
排出ガス測定試験

バイオディーゼル自動車の環境影響
このうち、アネックス38は、2009年5月にヘルシンキで開催された第37回執行委員会で、(独)交通安全環境研究所とともにLEVOが提案し、採択されたアネックスです。参加国は、フィンランド、米国、スウェーデン、タイ及び日本の5カ国です。
このアネックスは、バイオディーゼル燃料を用いた小型貨物自動車の路上走行時の排出ガスを調査するものです。あわせてエコドライブの効果も調べます。2011年5月に終了する予定で、写真に示したようにシャシダイナモ上での排出ガス実験が進められております。


ページトップへ
(3)情報交換

「執行委員会」では、自動車用代替燃料の動向等の話題提供並びに関連施設の技術見学等が行われます。
LEVOは、これまで日本国内の低公害車普及活動などの情報を提供し各アネックスにおける調査に協力すると同時に、執行委員会の中でも話題提供を行ってきました。

第32回執行委員会における発表の様子(左)、第35回執行委員会における発表の様子(右)

ページトップへ

一般財団法人 環境優良車普及機構 〒160-0004 東京都新宿区四谷2丁目14-8 TEL:03-3359-8461(代表) FAX:03-3353-5439
Copyrightc 2012 Organization for the promotion of low emission vehicles. All Rights Reserved.