一般財団法人環境優良車普及機構

平成28年度(2次募集) 輸送機器の実使用時燃費改善事業費補助金



  • 2016/10/24【NEW】エコドライブ促進実証事業【2次募集】の受付を終了しました。
      たくさんのご応募ありがとうございました。



  • 輸送機器の実使用時燃費改善事業費補助金(陸上輸送機器の実使用時燃費改善事業)

    平成28年度 PCKKが実施する「トラック輸送のエコドライブ実証事業(エコドライブ促進による実走行燃費向上実証事業)」の補助金を活用したLEVOリース募集要領(2次募集)

    1.事業の概要(PCKKの公募要領から)

     パシフィックコンサルタンツ株式会社(以下「PCKK」という。)は、平成28年度「トラック輸送のエコドライブ実証事業(エコドライブ促進による実走行燃費向上実証事業)」の公募要領【2次公募用】を公表しました。
     当該補助金は、トラック運送事業者やトラックドライバーにおいてエコドライブを促進させる施策を検討するために必要なエコドライブの実証及び運行データの収集に要する経費(設備費、委託費)の一部を補助する事業です。
     具体的には、運送事業者等が導入(購入又はリース)するデジタコ等の導入設備費及びエコドライブコンサルタントを受講する等委託事業費の一部を補助するものです。(※エコドライブコンサルタント受講等の委託事業は必須)
     PCKKへの補助金の申請については、公募要領にあるとおり、指定期日までに申請書類を全て揃えて郵送(PCKKの募集開始日である10月11日の消印から有効)することとなります。


     ※EMS機器の導入については、買い取りとリースがあります。
      @機器を自らで購入する場合 : 事業者自らがPCKKへ直接申請
      A機器をリース導入する場合 : 希望のリース会社と共同でPCKKへ申請


      ここではA機器をリース導入を選択し、かつ、リース会社(共同申請先)を一般
      財団法人環境優良車普及機構(以下「LEVO」という。)とした場合について説
      明します。
     


    2.LEVOリース等募集内容

    LEVOリース等の募集にあたっては、次の@〜Bのいずれかに申し込みができます。
     @LEVOのエコドライブコンサルタント委託事業LEVOリースによる機器導入の
      申込み

     ALEVOリースによる機器導入の申込みのみ〔コンサルタント委託事業はLEVO以外の事業を活用〕
     BLEVOのエコドライブコンサルタント事業のみの申込みのみ〔機器は買取又は他リース〕
      ※@AのLEVOリースを活用した補助金申請は、共同申請者であるLEVOが代表と
       なりPCKKへ申請。Bは運送事業者が直接PCKKへ申請(LEVOとはコンサル委託
        契約のみ)することとなります。

    ※本事業の詳細については、PCKKのホームページをご確認ください。
    ※本事業では、PCKKの公募要領により、エコドライブコンサルタント委託事業費及び機器の導入費については、申請時に2社以上の競争見積もりで決定することが求められています。 したがって、相見積もりの結果、コンサルの委託先又は機器の導入先が希望どおりとならないことがありますので、あらかじめご了承ください。

    LEVOのエコドライブコンサルタント事業(委託費用の詳細)は下記を参照してください。
      LEVOのエコドライブコンサルタント事業の概要

    LEVOリース募集要領は下記からダウンロードできます。
      提出書類のダウンロード


    3.募集期間及び申込方法

    (1)募集期間(2次募集)
       平成28年10月11日(火) 〜 平成28年10月24日(月)午後5時まで

    (2)申込方法
    申込は、以下の申込み内容に応じて、別表に掲げる申込書等をLEVOに提出してください。

    [申込書の様式 ]
     @LEVOのエコドライブコンサルタント委託事業LEVOリースによる機器導入の
      申込み

       別紙1−1 で申込み
     ALEVOリースによる機器導入の申込みのみ〔コンサルタント委託事業はLEVO以外の事業を活用〕
       別紙1−2 で申込み
     BLEVOのエコドライブコンサルタント事業のみの申込みのみ〔機器は買取又は他リース〕
       別紙1−3 で申込み(見積依頼)

    [LEVOへの提出期限]
      @申込書を持参する場合、 平成28年10月24日(月)午後5時まで
      A郵送及び宅配便等の場合、 平成28年10月24日(月)午後5時必着

     ※PCKKの公募が終了した時点でLEVOの募集を終了致します。

    4.補助対象経費(消費税等抜き)

      (1)委託費:補助事業の実施に必要なエコドライブ指導(コンサルタント)
         を受けるための委託に要する経費
      (2)設備費:当該事業の実施に必要な運行データ取得記録用機器等の購入及び
         据え付け等に要する経費(一部ドライブレコーダ等の機能は補助対象外)

    5.補助金額(補助率)

     補助対象経費の1/3以内(1,000円未満切り捨て)
    ※PCKKが採択された場合でも申請された補助金額を減額して交付決定する場合がある。

    6. LEVOリースの応募条件

    (1) 募集対象事業者
      @ 貨物自動車運送事業者
      A 第二種貨物利用運送事業者
      B 自家用トラック事業者及び@又はAを構成員に含む団体
      C ただし、次のいずれかに該当する事業者は対象外とする。

    ●経済産業省からの補助金等停止措置又は指名停止措置が講じられている事業者。
    ●交付規程別紙「暴力団排除に関する誓約事項」に記載されている事項に該当する者
      (誓約事項に違反した場合、交付決定の全部又は一部を取り消すことに留意すること)

    (2)補助対象事業の要件
    ●コンサルタント会社からエコドライブ指導を受けること。また、委託先のコンサルタ
    ント会社は以下の@又はAに該当するものであること。
      @一般貨物自動車運送事業者に対してエコドライブに係るコンサルタントの実績を
       有していること(今までに100台以上に対してエコドライブに係るコンサルタ
       ント業務を行ったことがあること)。
      Aトラック輸送に係るエコドライブのコンサルタント業務について、知見を十分に
       有していること(トラック車両又はエコドライブ管理システム用機器を販売して
       いる社とする)。
    ●エコドライブ指導による省エネルギー改善率の目標値が、1%以上であること。
    事業実施対象車両毎に省エネルギー改善率を算定し、改善率が目標値の1%に満たなかった場合、自己評価を行うこと。
    ●以下に掲げる補助事業(以下「過年度補助事業」という。)で補助を受けた事業者又は本年度補助事業(1次公募)で交付決定を受けた事業者(以下「過年度補助事業者等」という。)においては、その他の必要書類に加えて、補助事業の実施計画(過年度補助事業者等用)を提出すること。
      @平成25年度省エネ型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネ型陸上輸送実
       証事業(省エネ型トラック運送に係るエコドライブ総合プログラム実施の実証事
       業))
      A平成26年度省エネルギー型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネルギー
       型陸上輸送実証事業(省エネルギー型トラック運送に係るエコドライブ総合プロ
       グラム実施の実証事業))
      B平成27年度省エネルギー型ロジスティクス等推進事業費補助金(省エネルギー
       型陸上輸送実証事業(省エネルギー型トラック運送に係る実証事業(トラックド
       ライバーのエコドライブ促進による省エネルギー化の実証事業)))
    ●機器の取付が平成28年12月31日までに完了でき、平成29年1月10日までに完了報告書が提出できること。
    ●LEVOのコンサルタント事業を活用する場合、エコドライブ講習会(全国の主要都市で平成29年1月初旬(1月5,6,10日頃)に開催する予定)を受講できる事業者であること。
    ●エコドライブデータ等を必ず取得できる事業者
    計測期間の予定(平成28年11月下旬(交付決定後)〜平成29年1月31日まで)

    (3)運転データ記録用車載器装着対象自動車
     貨物自動車運送事業又は第二種貨物利用運送事業の用に供する事業用自動車又は自家用自動車

    (4)リース契約(機器リースの申し込みを行う場合に限る)
     申し込み事業者は、すみやかにLEVOと5年間のリース契約を締結するものとします。

    (5)機器の発注(機器リースの申し込みを行う場合に限る)
     本事業の運行データ取得、分析に要する車載器、事業所機器の設置工事は事業者の申し込みに基づき2社の競争・見積書によりLEVOが発注先を選定し、PCKKの交付決定通知後、LEVOから発注します。交付決定前において、設備機器等の発注・取付等を行うと補助金交付対象とはなりません。
    ※見積書は、メーカーからの価格表を参照し作成のこと。(詳しくはメーカーへお問合せください。)

    (6) エコドライブコンサルタント委託事業に係る見積書の取り扱い(重要)
     エコドライブコンサルタント委託事業費については、運送事業者においてLEVOを委託事業者の候補の1つとする場合(別紙1−1使用)には、LEVOを含む2社以上の見積書を運送事業者からPCKKに直接郵送する必要があります。(ケース@) 従いまして、LEVOをコンサル委託先の候補の1つとする運送事業者には、リース申込書(別紙1−1)がLEVOへ到着後、LEVOのコンサル見積書関係書類を(PCKK宛てラベル付き送付状と一緒に)メールで送付いたしますので、競争見積もり先である他社の見積書と一緒に(計2社分)PCKKに直接郵送してください。
     この場合、PCKK宛てLEVOから郵送の申請書と貴社から郵送のコンサル見積書(2社分)の消印の遅い日が申請書受付日となりますのでご注意ください。

    ※ 発送にあたっては、消印が残る方法により郵送すること。

     ケースAの、LEVOリース(設備機器等)のみでLEVOコンサルを希望しない運送事業者(別紙1−2の場合)は、貴社が取得した2社分のコンサル見積書を申請書と一緒に同封してLEVOに提出してください。

    ◇書類提出方法のイメージ(コンサル見積書には、知見と実績も添付のこと。)

    申請方法
       ◎コンサルタント見積書の送付先

        〒101-0054
         東京都千代田区神田錦町3丁目18番地 寿ビル9階
         パシフィックコンサルタンツ株式会社 陸上輸送燃費改善事業事務局

        ※郵送時は、必ず「エコドライブコンサルタント見積書在中」を記入してください。
        ※平成28年10月11日(火)の消印から有効となりますので、ご注意ください。

    (7)各種燃費データ、ドライバデータの提出(PCKK公募要領7〜9ページ参照)
     ※提出が必要なデータにつては、PCKKの公募要領に記載されていますので熟読し、
      必ず提出をお願いいたします。
     ※PCKKの交付決定後、以下のデータが要求されます。データの報告がない場合、
      補助金の交付が行われない又は補助金の返還を求められる場合もあるので、留意
      すること。


    ※以下は、PCKK公募要領7〜9ページから抜粋:

      補助事業者は遅くとも平成29年1月31日までに、1)事業実施対象車両データと2)事業実施事業所データを取得(計測)すること。

    @エコドライブ指導前
    エコドライブ指導前であり、かつ機器設置前における以下のデータとする。

    A)車両情報
    ・車種(車名)、燃料種類、登録番号、型式、初度登録年月、最大積載量、車両総重量、車体形状、エンジン最高出力
    B)ドライバー情報(年齢・実績年数)
    C)実燃費データを計測した時期
    D)原則として、ドライバー毎の荷積み又は荷下ろし毎の積載重量・積載率、輸送品目、輸送形態、輸送距離、燃料使用量
    ・中近距離における小口輸配送(小売店舗への店舗輸送等)であって、一日の荷積み・荷下ろしの回数が一定数以上である場合については、「日毎」でも可とする。
    ・なお、給油のタイミングは始業時又は終業時のいずれかに統一すること。
    ・空荷輸送も記入すること。

    Aエコドライブ指導後
    エコドライブ指導後であり、かつ機器設置後における以下のデータとする。
    A)車両情報
    ・指導前と同じ
    B)ドライバー情報(年齢・実績年数)
    ・指導前と同じ
    C)実燃費データを計測した時期
    D)原則として、ドライバー毎の荷積み又は荷下ろし毎の積載重量・積載率、輸送品目、輸送形態、輸送距離、燃料使用量
    ●中近距離における小口輸配送(小売店舗への店舗輸送等)であって、一日の荷積み・荷下ろしの回数が一定数以上である場合については、「日毎」でも可とする。
    ●なお、給油のタイミングは始業時又は終業時のいずれかに統一すること。
    E)車載器電子データ※
    ・日時、速度、エンジン回転数、GPS
    ※車載器電子データ注意事項については、PCKK公募要領8ページ参照
    F)エコドライブ指導内容
    G)省エネルギー改善率が1%に満たなかった場合は自己評価結果・今後の改善計画

    2)事業実施事業所データ
    エコドライブ指導後において、連続した3日間の以下の事業所の輸送実績データとする(事業実施対象車両以外のデータを含む)。
    ・事業所での保有車両数
    ・輸送に用いた車両の種類、最大積載量
    ・原則として荷積み又は荷下ろし毎の積載重量・積載率、輸送距離、燃料使用量
     >>中近距離における小口輸配送(小売店舗への店舗輸送等)であって、一日の荷積み・荷下ろしの回数が一定数以上である場合については、「日毎」でも可とする。
     >>なお、給油のタイミングは始業時又は終業時のいずれかに統一すること。
     >>空荷輸送も記入すること。
    ・エコドライブ指導を受けた後の取り組み内容及び改善点
    ・事業所全体もしくは、累積で全輸送の5割を満たす輸送品目に関するデータとすること。

    3)データの取得期間(PCKK公募要領9ページ参照)

    データ取得期間


    エコドライブ指導前のデータ取得初日から指導後のデータ取得完了日まで60日以内とする。
    ・エコドライブ指導前後の運行内容に大幅な変更がある場合は、変更内容を申告すること
     (必要に応じて、類似する運行データ等の提出を求めることがある)。
    ・事業実施対象車両データの報告において、何らかの事象が発生した場合には速やかに
     PCKKへ報告すること。
    ・データの報告がない場合、補助金の交付を行わない又は補助金の返還を求める場合が
     ある。

     --------抜粋はここまで----------

    ※最終期限:
    全ての機器装着等の工事は平成28年12月31日迄に終了させ、完了報告書等を平成29年1月10日必着(厳守)で提出すること。

    (7)中間報告
     平成29年1月下旬にPCKKより中間報告資料(実施状況報告(総括表)、納品書又は請求書・支払領収書又は振込明細書(写)、保証書(写)、エコドライブ指導報告、委託費成果物(写)、機器設置状況報告(写真)、車載器・事業所用(写真)、機器シリアル一覧表他)の提出を求められますので、完了報告書等は平成29年1月10日必着でLEVOへ提出すること。

    (8)本事業完了日
     必ず全ての機器装着等の工事を平成28年12月31日迄に終了させ、完了報告書等を平成29年1月10日LEVO必着で送付すること。

    7. 注意事項

    (1)与信により申込みをお受けできない場合があります。

    (2)提出すべき書類等が完備していない場合は受付できない場合があります。
    特に提出書類は正しい営業所名、 車検証と燃費データ等計測車両一覧表の記載内容が同一であること、またメールアドレス等、間違いがないことを確認の上、提出して下さい。
      @申込書等すべての提出書類の記載内容に不備がないこと。
       営業所名及び営業所数も正しく記入ください。(補助金申請の上限枠に係ります。)
       メールアドレスは、必須項目となり、間違いのないように記入してください。
      A「申請車両情報一覧」の転記内容が車検証と同一であること。

    必ず、登録番号の小さい順(昇順)に記入すること。車検証のコピーは、このリスト順(昇順)に揃えて添付すること。(※昇順で提出されていない場合、改めて2セット送付のお願いをします。申請処理が遅れることとなります。)

       毎年、記載ミスが多発しており、申請書類作成に多大な時間を要してしまいます。申請
       書類作成時間の短縮にご協力願います。
      B申請する車両の車検証の有効期限は、PCKKの募集完了日を超えていること。
       極端に期限の切れた車検証を提出しないこと。また、不鮮明な車検証を提出しない
       こと。    

    (3)申込書記載内容は確実なものとしてください。
    申請車両、申請台数等は、申し込み段階で確定し、申し込み後の車両変更、台数変更等はできる限り行わないようにしてください。また、申し込み後の申請取り下げは、交付決定までに判断し、交付決定後の安易な取り下げについては行わないようお願いします。
     なお、運行データの報告期間内に車両、台数、廃車等の変更のないようにお願いします。

    (4)LEVOの指定する期日までに所定の手続きが実施されない場合には、補助金の交付に係る手続きを中止(申込みの取り下げ等)することがありますので注意してください。

    (5)補助事業の期間中に、補助事業者(執行団体)のPCKK等による補助事業実施に係る機器の設置・装着の状況等、中間検査が行われる場合があります。その場合は検査に協力してください。

    (6) 事業完了後、機器設置状況写真(ナンバープレートとともに)の提出が必要です。

    (7)エコドライブデータの報告が無い場合、また事業期間中に車両の入替を行った場合等、応募条件に掲げた事項が遵守されない場合は、補助金の返還が発生し、リース料金が変更になる場合もあるので、留意してください。したがって、予備車や、運転者不足等による稼働の少ない車両は対象外となります。

    (8)補助金に係る不正行為に対しては、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年8月27日法律第179号)の第29条から第32条において、刑事罰等を科す旨規定されています。

    (9)この募集要領によるほか、特に指示があった場合にはその対応が必要となります。

    (10)リース料等について、ご不明な点等がある場合には、事前に以下にお問い合わせ下さい。

    8.問い合わせ先

      一般財団法人 環境優良車普及機構(LEVO)
      〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル

     ・ 申し込み等に関する問い合わせ
        事業部  佐藤、藤代、青砥
        Tel:03-3359-8465 Fax:03-3353-5435 Mail: ems28@levo.or.jp

     ・講習会及びエコドライブコンサルタントに関する問い合わせ
       企画調査部  植木、酒井、小林、浅井
            Tel:03-3359-9008 Fax:03-3353-5431 Mail: shindan@levo.or.jp

     ・リース契約等に関する問い合わせ
      総務・リース管理部
      Tel: 03-3359-8461  Fax: 03-3353-5439

    ページトップへ

    環境機器普及事業

    エコドライブ促進実証事業

    インフォメーション

    PDF形式 のファイルをご覧になるためには、Adobe Readerアドビ・リーダー(無償)が必要です。

    一般財団法人 環境優良車普及機構 〒160-0004 東京都新宿区四谷2丁目14-8 TEL:03-3359-8461(代表) FAX:03-3353-5439
    Copyrightc 2012 Organization for the promotion of low emission vehicles. All Rights Reserved.